image03

薄毛治療の薬で効果が高いのはどんな薬でしょうか

薄毛治療の薬で効果が高いのはどんな薬でしょうか。この所注目を集めているのがミノキシジルですね。これは性別を問わず利用することが可能なんです。本来は血圧を下げる薬として使われていましたが、髪が増える作用がわかったことから、育毛剤や薄毛治療薬として利用されるようになりました。但し、効果の側面として副作用のリスクがあり、その主なものが心臓負担と顔や身体の体毛も濃く増えてしまうという症状です。このことを踏まえ、医師・薬剤師の指導を正しく守って利用しましょう。薄毛は遺伝が関係しているとよく言われるため、自分の家系や叔父、叔母に髪が薄い人がいれば不安になることでしょう。

遺伝による薄毛に対処法はないのでしょうか?最初に、薄毛に遺伝要因が影響しているのは事実と言えますが、メンタルヘルスや環境や食生活など様々な切り口に影響を与えているのが薄毛です。ですから、その人の薄毛の要因を絞ることは困難なのも事実でしょう。これを逆に捉え、親が薄毛だからと落ち込まず、色々な方面から薄毛の対処に挑戦して行きましょう。それが薄毛を食い止めることができるでしょう。多くの薄毛は男性ホルモンが関わっていると考えられます。

ですから、ホルモンを主要因とする薄毛は男の人に特別多く起こる症状です。しかし、女性でも、女性ホルモンが極端に減った場合、男性ホルモンの影響で薄毛の症状になってしまうケースもあります。このような場合、性別を問わず適用される薄毛の治療法として、女性ホルモンを投与してしまう、というやり方が存在します。女性にはリスクは少なめといえますが、男性に対しては腰のあたりが丸みを帯びたり、造精機能が低下すると言った副作用の可能性もあり、その点は注意です。

更新情報